店長が嫌われてるなら良いお店作りはできない!

2020年3月28日土曜日

t f B! P L
店長が嫌われてるなら良いお店作りはできない!


店長が嫌われてるなら、良いお店作りはできない!



店長は嫌われてなんぼ。


名言のようなこの言葉。


私はこの言葉には共感できません。

そもそも、店長が嫌われる原因って何でしょう。

原因をいくつかあげてみましょう。


嫌われる店長の要因とは?


・厳しすぎる。
パワハラでは?と思うほど厳しく、怖くてスタッフが萎縮してしまう。


・相手によって態度を変える。
スタッフには偉そうだけど、目上の人にはペコペコするなど。


・男性に厳しく、女性に甘い。
特に可愛い子には甘い。


・雑用はしない
やりたくない仕事は、スタッフにやらせ、自分ではしない。


・肝心な時に売り場にいない。
忙しい時でも裏にこもって仕事をしている。


・気分屋
機嫌が良ければ和やかだが、機嫌が悪いとやたらと口うるさい。


・陰口が多い。
できないスタッフや失敗したスタッフの陰口をみんなにいいふらす。


・スタッフの粗探しをする。
スタッフの悪いところを見つけるのがうまい。
良いところは見ようとしない。

などなど。


こうやってみると単純に性格が悪いだけですね。

ただ、厳しいのは悪いことではありません。


しかし、厳しすぎてスタッフが萎縮してるようではスタッフは本来の力が発揮できず、逆にミスが増えたり、暗い雰囲気になったり、報連相だってできなくなります。


どんなに厳しくても良い部分もしっかり見てくれているなら話は別です。


例えば、新人時代から良い時も悪い時も常に目をかけてくれ、
上手くできたことを見逃さずに、褒めてくれる。


そんな店長ならそこまで嫌われることはありません。


そうです。


店長はスタッフを常に気にかけていなければなりません。


常に気にかけて、スタッフの成長をしっかり褒めてあげてください。


たまに叱ったとしても、気にかけてくれてる店長なら、自分のためを思ってくれてるんだなと感じます。



今更、本題ですが、嫌われてる店長がうまくいかないのは、スタッフの協力が少ないからです。

スタッフだって人間です。


嫌いな人の言うことは聞きたくありませんよね。


ましてや自ら進んで協力しようなんて思いません。


逆に好かれている店長ならどうでしょう。

店長が喜ぶことを率先してやってくれます。


店長が困っていれば、助けてくれます。

話しやすい店長なら、良い提案だってバンバン上がってきます。

結果、お店はどんどん良くなり、売上も上がっていきます。


お店は店長がどんなに仕事ができても、店長は1人です。

1人では何もできません。

スタッフの働きと協力が不可欠です。


あなたが店長なら、いつも働いてくれるスタッフさんに常に感謝の気持ちを持って接しましょうね。







ブログ アーカイブ

QooQ